海外へ投資してみよう

ブラジルレアル投資に活用したい月次報告書

昨年は、ブラジルレアル相場が大幅に下落したことにより、ブラジルレアルの通貨選択型投資信託などを保有していた個人投資家たちは、その資産価値が大幅に下落してしまいました。しかし、今年に入って、ブラジル経済の低迷期もようやく底を脱出しつつあるとみられています。つまり、今はブラジルレアルの通貨選択型投資信託などを購入する良いチャンスになっているということです。しかし、このように上下動が激しい投資信託を購入する場合に、どのような資料を見ればよいのでしょうか。まず、オススメできるのは、書く投資信託が発行している月次報告書です。すなわち、この月次報告書を見れば、投資信託設定以来の利回りが何パーセントなのか、直近3年間の利回りが何パーセントなのか、直近1年間の利回りが何パーセントなのかというようなことが判るからです。また、直近6か月・3か月・1か月の利回りを掲載している月次報告書などもありますから、短期の利回りがプラスに転じてきていれば、そろそろ購入しても安心できるタイミングとなってきていると言えるでしょう。それから、このような通貨選択型投資信託の月次報告書には、その利回りの要因を分析して示しているものもあります。例えば、ブラジルレアルの通貨選択型投資信託を例にとってみますと、為替変動要因を除いた利回りの計算と為替変動要因だけの利回りの計算が月次報告書に表示されていますので、通貨の変動による要因を除いてみると、その本来の利回りはずっとプラスであったということが判るわけです。ですから、このようなファンドを購入するにあたっては、そのファンドの説明資料とともに、最新の月次報告書をもっと活用すべきだと言えるでしょう。