海外へ投資してみよう

NISAで投資すれば節税できます!岩谷産業について

株などに投資をしたら配当金や分配金はそのまま自分の収入になりそうな気がしますが実際は違いまして、課税がされます。今は20%の税率でこれにさらに売買の手数料などを考えますとかなりの額になると言えます。なお実際はこれに復興特別所得税が付きます。しかし現在は少額投資非課税制度NISAというものができていまして、これは年の投資額120万円までという限度枠はありますがNISA口座で投資した分の配当金などが非課税になります。これを用いれば大いに節税になりますから、ぜひ利用したいところです。さて実際に投資を開始するとしますと、現在話題になっているジャンルですと企業の株価も上がりやすく興味深いですが、その一つに電力自由化があります。特に今までは電力とは接点がなかったけれども新しく参入をするという企業はこれから具体的にどういう事業を行なっていくのか楽しみですので、いろいろ調べていくとよいです。電力参入企業の中で今注目されていますのが岩谷産業です。岩谷産業は主に産業用ガスを手掛けている専門商社ですが、このところ関西や中国地方の電力会社と提携を結び電力事業に加わっています。これは2017年からガスも自由化が始まりますし、電力会社と業務提携しておくことでそれぞれにメリットが出るということがあります。関西地方の電力会社からは電力を買い、それを関東で販売します。電力会社の方の利点は今度ガス自由化の際に岩谷産業と提携して参入ができることにあります。一方中国地方の電力会社とはポイントのサービスでの提携です。こちらは商圏的には距離は離れていますが、自由化になった今将来に備えた部分もあります。岩谷産業は液化水素ガスの日本最大手ですが、全国各地にすでに水素の基地を設置していまして今後の水素エネルギー社会に一歩先を行っています。これから有望な事業をいろいろと持っていますので、今後の株価にも大いに期待できます。